妊娠中に子宮筋腫手術しました

45才で出産しました。妊活に役立つ薬膳を紹介するkayoです。

妊娠中の子宮筋腫手術をした方は余りいないようなのですね。

image

私は、子宮筋腫があるにも関わらず、44歳で自然妊娠をしたので、産科の先生にびっくりされたのですが、それよりも、私は、子宮筋腫があるままで、順調に子宮のなかで、赤ちゃんが育っていくのかかしら??と思っていました。

そうしたら、赤ちゃんが順調に育つのと同時に、子宮筋腫も順調に?!大きくなっていきました。

なので、初めてのMRI検査が妊娠中。ちょっと心配でしたが、週数が浅い時ならば、胎児には影響はない。と言われました。

妊娠前には、ピンポン玉位だった子宮筋腫は、妊娠して10数週間で10センチ以上もの大きさになっているが1つありました。

なので、なんと、妊娠中に子宮筋腫摘出施術をしました!

日赤では、妊娠中の子宮筋腫手術は、10何週の限られた期間に行うので、MRIの結果を見て、アッという間に手術の日程を決め、入院の準備でした。

私が妊娠して、チョイスした病院は広尾にある日本赤十字医療センター、日赤です。

高齢出産になるので、何かあった時に、施設が整っていた方がいいのではないか。と思ったからです。

このチョイスが、結果的には私には幸いで、妊娠中に子宮筋腫を摘出する手術の症例が豊富な病院でした。

担当して下さったのは、当時の副医院長で産科部長の杉本充弘先生でした。

詳しくは知らないのですが、子宮筋腫のエキスパートのようで、病院でも大先生って感じで、病院のほかの先生方もみなさん、尊敬されていて、頼れる先生でしたので、すべてお任せしました。

全体の流れとして

①MRI検査~手術するか、決める。筋腫が10センチ以下なら手術しない方向のよう

②手術前事前準備~採血、麻酔の説明 採血は手術中に、大量に出血した時の輸血用。麻酔科では事前に麻酔の説明

③入院~手術前日

④手術~

⑤術後の経過 手術後4日で退院。その後、家で静養

手術の時はずーっと寝ているので、血栓が出来ない様に、手術用のソックスを履いています。

麻酔は全身ではなく、半身麻酔でした。背中から麻酔をいれるのが、痛かった~

手術が始まり、メスで下腹部を切り始めると、なんか焼けたような匂いがしてきました。。。

すると、先生が何かつぶやくので

〝なんですか”って聞くと

〝アブラが多いな~” って、言うんです~はい、脂肪多いです。。。

〝一緒に取ってください!”

なんて、会話をする程、あまり緊張しないで、いられました^^

でも、手術中、ずーっと意識があるのは、どうなんでしょうね。できれば寝ている間にやってもらいたいですね。

手術では、3個ある子宮筋腫のうち、2個を切除し、

通常手術時間は約1時間だそうですが、2個切除のため、2名のドクターで行って1時間半掛かりました。

手術が終わると、摘出した筋腫を手術台に寝ている私に見せてくれました。

大きいのは、14センチ、もうひとつは6センチ位まで、成長していて、フォアグラのようでした~。

腫瘍は良性で悪性ではないです。と、その場で教えてくれました。

まさか、この場で、筋腫まで見るとは思ってもいませんでした。

最後に、胎児がちゃんと元気にしているか、鼓動を確認して、ひと安心。

その後は、背中から麻酔の管を通したまま病室に戻り、翌日には、まだ、接合部分はとっても痛むのに、管を外して、自分で歩く!という、超スパルタ~

早く歩いた方が、治りが早いそうですが、、、でも、痛かった。。。

入院は1週間もせず、退院できましたが、家で静養が1週間以上。

入院から会社復帰まで、2週間以上お休み。

会社も通勤も、くれぐれも無理をしないように!と、念を押されての、会社復帰となりました。

子宮筋腫がある方が、妊娠したら早めに専門の先生にご相談されるのをおススメします。

ブログランキングに参加しています

応援して頂けるとうれしいです^^

ポチっとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*