薬膳は身近な食材で体調管理ができる

45才で出産しました。妊活に役立つ薬膳を紹介するkayoです。

私は、結婚してすぐに妊娠して、45才で出産したましたが、そんな私の体のベースは、薬膳での体調管理がありました。

先日、高校の同級生のお宅でカフェのような素敵なワンプレートランチをご馳走になりました。 キャロットラペには、「クコの実」と「クルミ」が入ったレシピもあり、アンチエイジング薬膳を取り入れた彩りも鮮やかで体に優しいお食事でした

先日、高校の同級生のお宅でカフェのような素敵なワンプレートランチをご馳走になりました。
キャロットラペには、「クコの実」と「クルミ」が入っていたりしてアンチエイジング薬膳を取り入れた彩りも鮮やかで体に優しいお食事でした

薬膳は独身で結婚の予定なんて全くない時に、自分の体調管理とアンチエイジングで少しずつ、毎日の食事に取り入れていました。

自分の体質をチェックして、自分にあった食材を取り入れてみる。

毎日のなんとなくだるい。を解消したかったのです。

楽に会社に行きたい。気分が軽くなりたい。と、いうと、西洋医学だと、わかってくれないんですよね。

でも、東洋医学だと、未病のうちに、ケアするのが、基本なので、解ってもらえるんです。

薬膳では、食事で体調を整える事ができるのです。

それも、特別な食材を買わなくても、スーパーで買える身近な食材で基本できるので、有難いですね。

「いいかなぁ」と思って食べてみても、全然効かない食材もあったり、レッスンの帰りには、スッキリ!なんて、その時の私にぴったりの時があったり。

私は、自分の体質だと合うはずの食材を試してみて、自分の体に聴いてみる。という事をしていると、「そういえば、あの時の●●が良かった!」って、後から体が実感することが多かったです。

先ずは、

・自分の体質を知る

・自分にあった食材を取り入れる

・続けること

そして、妊活、アンチエイジングの食材をプラスしていきます。

ご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング応援お願いします‼
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっとして頂けると嬉しいです^^


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*