なんで冬は腰が痛みやすいの?

45才で出産しました。妊活に役立つ薬膳を紹介するkayoです。

今年は暖かい日は多いですが、そろそろ冷えてくるようですね。

冷えてくると多くなるのは「腰の痛み」です。

私は、出産するまで、腰が痛くなった事はなかったのですが、子供が1歳の時にちょっと気を抜き、寒い恰好で出かけたら、翌日、ものすごい腰の痛みが出て、子供のオムツを変えるのも一苦労で大変な目にあいました。

中医学的に「腰の痛み」は骨と関係のある「腎」が弱くなるのが原因と考えます。

そして、冬は「腎」の働きが弱ってくる季節です。

さらに、寒さによる「冷え」により血行も悪くなり、症状が悪化しやすいです。

私の場合は、「腎」を薬膳でケアしていたのが、妊娠で「腎」にかなりの負担がかかり、腎が弱まり、冷えによって、血行が悪くなって、腰の痛みが出たんだと思います。

「腎」は加齢で弱まります。

妊娠・出産にもたくさんの「腎」のパワーを使います。

妊娠は「腎」のパワーがあふれていないとできません。

妊活やアンチエイジングにパワフルな味方「黒豆」

妊活やアンチエイジングにパワフルな味方「黒豆」

腰痛にならないように、そして、腰の痛みを感じたら

「腎」を強化・・・山芋、ウナギ、羊肉、スッポン、栗やクルミ、クコの実などのナッツ、黒色の食材など

血の巡りを良くする・・・ニラ、ネギ、生姜、紅花、田七人参、サフラン、フェンネルなど

腰が痛くなって、ウナギ??とは、なかなかつながらないとは、思いますが、妊活・アンチエイジングのKEYの「腎」のケアにもなりますので、普段からのケアが一番大切です。

いつもブログをみてくださってどうもありがとうございます。
応援クリックをしてもらえると、更新の励みになります。よろしくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*