「酒・肴処 司」のアンコウ鍋 @都立大学

天然物にこだわって、美味しい料理がとてもリーズナブルで食べられると数年前から聞いていて、やっとこの冬にアンコウを食べる会にお誘いして頂き行ってきました♪

都立大学駅からは線路沿いに真っすぐですが、お店が入っている建物がスナックなどのテナントビルでとても昭和っぽい建物の2階。

RIMG0019.JPG

店内もまたとても昭和っぽい。席は、掘りごたつの小上がりに15人位でいっぱいで、あとはカウンター。
ご主人が厨房で料理をし、客席は奥様の担当で、ふたりでお店を切り盛りしています。

その日の朝に仕入れたアンコウをご主人が吊るし切りで捌いたばかりのアンコウづくしのお料理です。

まずは、肝和え
RIMG0020.JPG

皮がプルプル♪

そして、アンコウの昆布しめ
RIMG0022.JPG

そのまま何も付けずに頂くとアンコウの甘みがしっかり楽しめる。歯ごたえもあってとっても美味しい☆

そして鍋へ
RIMG0024.JPG

スープには、たっぷりの肝が溶かされてとても濃厚。

まずは、身以外のアンコウを入れて

RIMG0025.JPG

そして、肝がEXTRA

RIMG0026.JPG

そして野菜を入れていただきま~す

RIMG0029.JPG

最後の雑炊は、鍋を一度下げて出来上がってから運ばれてきます。

RIMG0031.JPG

雑炊と一緒に白菜漬けを頂くと、お腹一杯ですが、またお箸が進みます。

RIMG0030.JPG

今度はふぐやスッポンのお鍋も行ってみたい。

酒・肴処 司
東京都目黒区中根1-6-10大和ビル2F
03-3723-7548


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*