ベビーのために梅シロップを作り置き

45才で出産しました。妊活に役立つ薬膳を紹介するkayoです。

毎年、青梅がスーパーに並ぶと、早速、梅シロップを作っています。

image

私が梅シロップを作り始めたのは妊娠中

梅は調整作用があるので、赤ちゃんがお腹を壊した時に、直ぐに薬をあげるのではなくて、梅シロップをあげるととても効く。と、聴いて、ベビーのための常備薬と思って作り始めました。

梅は、強い抗菌性があって、調整作用があるので、細菌性の下痢や、腹痛に効果的なんです。

そして、体を潤す効果が高いので、暑さでたくさん汗をかいた時の水分補給に最適です。

私は白砂糖は使わないので、毎年、黒砂糖、蜂蜜、きび砂糖、オリゴ糖と、色々なもので作って楽しんでます

今年は、リンゴ酢と蜂蜜と五味子で、まずは作って見ました

作り方は簡単

材料

梅 1キロ

砂糖類 梅と同じ1キロ

①青梅のヘタを取り、洗って良く水を切ってから、一晩冷凍庫へ

②漬物用のビンに、冷凍した梅を入れ、その上から、砂糖をかけます。

✳︎砂糖はかき混ぜず、放置

③数日後に砂糖が溶けて底に沈殿するので、木のしゃもじなどで、少しかき混ぜます。

④一週間位、砂糖が溶けたら、水や炭酸で割って飲めます。

私は1年位そのまま、キッチンに放置してある濃厚なのが、好きです

ブログランキングに参加してます
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑これをポチっとお願いします(^^)


コメント

  1. […] 年、青梅がスーパーに並ぶと、早速、梅シロップを作っています。私が梅シロップを作り始めたのは妊娠中梅は調整作用があるので、赤ちゃんがお腹を壊した時に、直ぐに薬.(続きを読む) […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*