茶懐石 木挽町大野 お料理 @四谷3丁目

1日1組の茶懐石でのおもてなしを味わえる「木挽町大野」に再来。

床の間008.JPG

キーンとした雰囲気は別世界。床の間には季節の花と掛け軸が。

手書きのお品書き007.JPG

手書きのお品書き。名前入りデスよ。

香煎005.JPG

まずは香煎。今回はちょっと中国ぽい香り。

本鮪たたき011.JPG

定番になっている本鮪のたたきがまず、ご飯とみそ汁と一緒に。

ご飯を食べてお腹に入れてから飲む準備だそう。

茗荷の千切りがまぐろと絶妙。

車海老真如012.JPG

車海老のぷりぷり感が!!香りも最高!お出汁もシッカリ出ています。今回私の一番!

鰆016.JPG

焼き物の鰆。焼き加減がなんとも言えない。

焼きに使う備長炭も超こだわり品だとか。

それにこの銀杏色がグリーンで新鮮そのもの。食感もプリッとしていて、今まで食べていた銀杏はなんだったのだろう。と思ってしまった。おかわりが欲しかった。。。

鴨治部煮019.JPG

鴨の治部煮と子芋の田楽。

京菜と赤貝022.JPG

器もとっても凝っている。この器もこだわりの名品。

小吸物026.JPG

昆布の旨みがつまった小吸い物。

唐墨029.JPG

大野さんの実家の春日部で収穫されたブロッコリー。無農薬栽培でお母様が丹念に育ててくれる。

香物031.JPG

香の物は蕪、白菜、京人参。

最後に2回目に炊いた炊き立てのご飯とみそ汁。

さ湯にお煎餅が入ったような湯の子をご飯にかけて頂く。

水菓子035.JPG

「銀製」と入った陶器としっくりくる銀のフォークで水菓子を。

甘味036.JPG

甘味のお汁粉。

この後、場所を改めて薄茶を頂く。

@nifty厳選レストランにもレビュー書いています。

木挽町大野

東京都新宿区四ッ谷3丁目6番
03-3353-5455


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*