妊娠前からなつめを食べて葉酸補給

45才で出産しました。妊活に役立つ薬膳を紹介するkayoです。

私が妊娠前からよく食べていた食材のひとつが 棗(なつめ)です。

なつめは、中国では、〝1日に、7つ食べれば、老いらず”と言うことわざがあって、アンチエイジング効果が高い食材です。

中医学では「大棗(たいそう)」と呼ばれ、漢方薬にもたくさく含まれているとてもポピュラーな生薬です。

胃腸を整えて、『気』や『血』を補う効果があり、女性には嬉しい食材です。

妊娠する1ヵ月前から妊娠3ヶ月までの間は、葉酸の摂取を厚生労働相が勧めています。

なんと、ナツメには、葉酸、カリウム、食物繊維が豊富に含まれているんです。

なので、なつめを常食していれば、いつ妊娠しても葉酸はバッチリです!

正に、妊活フードです。

毎日保育園への往復に、子供と一緒に観察している蓮の花がもう直ぐ咲きそうです

毎日保育園への往復に、子供と一緒に観察している蓮の花がもう直ぐ咲きそうです

日本で売られているのは、生のなつめを乾燥したドライフルーツのようになってますので、そのまま食べるのが、一番簡単。

私は、オフィスで小腹が空いた時に、デスクから取り出して、コーヒーブレイクしてました。

甘さがあるので、美味しいですよ。

商品にもよるのですが、とても固くて、食べづらいなつめもあります。

そんななつめは、赤ワイン漬けやお茶にするのがおススメです。

ご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング応援お願いします‼
↓ポチっとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*