高齢出産に大切な「腎」のケア

45才で出産しました。妊活に役立つ薬膳を紹介するkayoです。

高齢出産・アンチエイジングのKEYとなる臓器のひとつが「腎」です。

「腎(ジン)」は、生命エネルギーのバッテリーのよな役割をしていて、

腎精というエネルギーを蓄えています。

養●酒のコマーシャルで聞いたことがあるとおもいますが、

中国の「黄帝内径」という中国最古の漢方医学書に書いてあるのですが、

腎にはリズムがあって、男性8の倍数、女性7の倍数の節目の歳に体調や精神のバランスが大きく変化が現れます。

女性

28歳 体が成熟

35歳 顔の色つやにかげりが見始める。毛髪や頬のはりなどに衰え

42歳 顔がやつれ、頭髪に白いものが混じり始める

49歳 肉体的に衰えはじめ、閉経を迎える

男性

40歳 体力にかげり、髪の毛抜け始め、歯は痩せてつやがなくなる

48歳 肉体的に衰え始まる。顔やつれ、しわや白髪が目立つ

56歳 運動能力が落ちる。精気なく、生殖機能弱まる

64歳 身体的に衰え、歯や毛髪が抜け落ちる

女性は、35歳から、腎精が減りはじめ、42歳からどっと減るスピードが加速してしまうのです。

その腎精を減らさないように、プラスして、衰えを遅らすのが

いわゆる「アンチエイジング」です。

そして、高齢出産のKEYとなります。

妊娠・出産では、腎の生殖エネルギーを大量に消費するので、

沢山補ってあげる事がとても大切です。

そこで、おススメ食材のひとつは

「山芋」

長いも、ヤマトイモどちらでもいいです。

image

出来れば、毎日5cmほどを食べて欲しい所です。

・とろろそば

・山かけ

・長いもグリル

・とろろご飯

・とろろ汁

などなど、少しずつコンスタントに食べるのがおススメです。

皮には薬効があるので、皮は出来れば剥かないで、グリルで周りのひげを炙って使ってくださいね。

ご覧いただきましてありがとうございます。
ブログランキング応援お願いします!
ポチっとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*