回転寿司でも妊活・アンチエイジング

45才で出産しました。
妊活・子育て・アンチエイジングに役立つ薬膳を紹介するkayoです。

いつもブログをみてくださってどうもありがとうございます。
応援クリックをしてもらえると、更新の励みになります。
↓↓↓    ↓↓↓

前回、東急プラザ銀座の花まるに行ってお寿司を食べたのですが、

お寿司でも妊活・アンチエイジングできるんです。

それは、青魚

さんまの炙り

さんまの炙り

生のニシン

生のニシン

さんまやニシン、アジ、ブリ、カツオ、鮭などの青魚は血流をよくして血液をサラサラにしてくれ、しかも、「血」を補ってくれます。

女性は42歳を過ぎると「血」の巡りが悪くなりやすいです。

「血」の巡りが悪くなると、新陳代謝が溜まってしまいます。

中医学では、シミの原因は「血」の巡りが悪いことにあると考えられています。

「血」が滞ると、シミができてしまうがかりでなく、

子宮の「血」も滞りから、新鮮な「血」が行き渡らず、老廃物が溜まり血がドロドロになり「子宮筋腫」にもなってしまいます。

また、「血」巡りが悪いので、子宮も冷えてしまいます 

新鮮な「血」が滞ってしまうので栄養が行きわたらず、卵子も育たないんです

男性は青魚が好きな人が多いですが、女性はそれほどでもないですよね。

私も以前は鮭以外はどちらかと言えば苦手でしたので、あまり食べていませんでした。

43歳の時に私はピンポン玉位のサイズの子宮筋腫が3つできてしまいましたが、

それからは、青魚を意識して食べるようにして子宮筋腫がある状態でも子宮に新鮮な「血」を巡らすようにして、44歳で妊娠をすることができました。

でも、魚って、働いていると中々料理をするのがなんとなく大変そうなんですよね。

でも私でもできました!

それは

週に1回、ランチやディナーに回転ずし

朝食に週一回、塩鮭

週に一回、缶詰!サバ缶詰、鮭缶詰、イワシのかば焼きなどなど

食べられない時は、飲む!

ローズティーやハイヒスカスティー、黒豆茶

それなら取入れられるかしら??

できれば週に2回青魚を食べてみてくださいね。

◆◆◆◆◆

現在、妊活薬膳セミナーはプライベートセミナーで行っています。

妊活中の方、婚活中の方も、二人目不妊の方も、気になった方も

より効果が高く、日々簡単に取入れられる方法を伝授します

詳細はコチラ

◆◆◆◆◆

最後までみてくださってどうもありがとうございます。
応援クリックをしてもらえると、更新の励みになります。
↓↓↓    ↓↓↓


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*