10月のル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン  @銀座コリドー街

銀座コリドー街にある今年のミシュランも1つ星フレンチ「ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン」でのディナー

5月のディナーから久し振り。
今月はお誕生は私と9月のM氏。
RIMG6058.JPG

会場はいつも地下の特別室でしたが、今回は1階のレストラン。

まずは、ロゼシャンパンのゼリーといちごのプリツェッルといちごパウダー
RIMG6061.JPG

とシャンパーニュはマイイMAILLY

RIMG6063.JPG

アミューズブーシュは、生ガキとカリフラワーのムースとシャンパンゼリー キャビアものってます♪

RIMG6065.JPG

今回のパンはライ麦、紅イモ、栗とキノコ

RIMG6067.JPG

ワインはモレサンドニ CLOS DES MONTS LUISANTS  Vieilles Vignes 2004

RIMG6070.JPG

鴨フォアグラのコンフィ 白菜の蒸し煮とリンゴ添え アバ入り豚足ゼリーと共に
RIMG6071.JPG
RIMG6072.JPG

鴨のテリーヌの上に、白菜、その上に食感を残して煮たリンゴ、トップに豚の内臓入りのプリプリのゼリーという其々食感の違いを一緒にほうれん草とハーブのグリーンのソースと、古々味醂のソースで頂く。

スッポンのコンソメスープ 香草風味
RIMG6078.JPG

フレンチでスッポンのスープ!! 納豆が出た時も驚きでしたが、コルビさんは奥様も日本人でとっても日本贔屓で日本の食材を多用してとってもおもしろい。ムール貝と天使エビ、ゆり根、栗が入ってます。

ワインはCHATEAU TALBOT 1995 こちらでは初めて頂くボルドーワイン

RIMG6079.JPG

舌平目のファシル チョリソー風味のクリームソース
RIMG6081.JPG

ウニとオマールエビがタップリ入り、ソースはオマールエビのビスク

そしてメインの鴨に合わせたワインは来店時最初に抜栓しておいた1971年のキャンティ クラシコ
RIMG6084.JPG

38年経ち、とてもまろやかになり、深みが出て、5年、10年の熟成とはまったく違う。

メインは松の実をピケしたシャラン産鴨胸肉のロースト パプリカ、ピキロス(シャガイモ)のコンフィとガトー・パルマンティエ

RIMG6088.JPG

ここで電池切れ~というが終にカメラが壊れた。。。
バースデープレートを頂いたのに写真がないです

そしてチーズ
デザートはルバーブ、マスカルポーネチーズ、苺のデクリネゾン
デザートワインはソーテルヌ
締めはいつもの小菓子とカフェ

le 6eme sens d’OENON
ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン
東京都中央区銀座6-2-10
03-3575-2767


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*