art 一覧

見逃さないで!目黒雅叙園での假屋崎省吾展は今年が最後

44歳で結婚して直ぐに自然妊娠、45歳で出産した永井香代です。
その秘密は薬膳♡

 

10月28日(金) 銀座のフレンチでの妊活いらずになれる薬膳ランチ会を開催します。

女性の永遠のテーマ「血を補い、血流を改善」です。妊活中の方、婚活中の方、体の不調が気になる方、お待ちしてます!詳細はコチラです。

 

 

長年続いていた目黒雅叙園の百段階段での假屋崎省吾展は今年が千秋楽

 

 

こちらは、目黒雅叙園の正面玄関

img_9459

 

お花って、とっても癒してくれますよね

 

img_9458

 

今年で最後となるそうですので、お見逃しなく~~~

 

華道家 假屋崎省吾の世界展 千秋楽

10月16日まで開催です

◆◆◆◆◆◆◆
第2回「血を補い、血流を改善
妊活いらずになれる薬膳ランチ会」を開催します!

10月28日(金曜日)12時~14半ごろまで
残席:5名さま
会場:東京都中央区銀座 フレンチレストラン
金額お一人様:6000円 お友達とご一緒の方は5500円です。
(フレンチコースの料金含みます)
お申込みはコチラからお願いします

◆◆◆◆◆◆◆

 

最後までみてくださってどうもありがとうございます。
応援クリックをしてもらえると、更新の励みになります。
↓↓↓    ↓↓↓
 

ご登録・お問合せ・いいね!、ありがとうございます♡

☆facebook:Kayo Nagai☆

facebook:薬膳Style☆

☆アメブロ☆

お問合せ☆


「”これも自分と認めざるをえない”展」で体験

東京ミッドタウンにある安藤忠雄さんが設計した21_21 DESIGN SIGHTで開催している「”これも自分と認めざるをえない”展」へ。

RIMG2312.JPG

体験型の展覧会で、個人個人の指紋や瞳孔がアートとして表現される。

こんな展覧会もあるんですね。

最初に自分の名前を登録からスタートし、バックを持ったまま、体重・身長を計測までして登録するので、ドキドキ。

これって自分?って見えるだけでなく、自分で感じる。

自分が作品の一部になっていて、おもしろい。

11月3日まで開催しているので、是非、体験してみて。

 

「”これも自分と認めざるをえない”展」
21_21 DESIGN SIGHT
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン・ガーデン内
03-3475-2121


アール・デコの館 「東京都庭園美術館」でお花見 @白金

満開の桜を観に、「東京都庭園美術館」に

RIMG0390.JPG

 

西洋庭園にも桜

RIMG0391.JPG
RIMG0393.JPG

 

東京都庭園美術館は1933年に朝香宮邸として建てられた建物をそのまま庭園美術館として公開しています。

アール・デコはアール・ヌーヴォーの次に流行ったデザイン様式。1910年代後半から1930年代にかけてヨーロッパとニューヨークで流行った幾何学をモチーフにしたデザイン。

大好きなルネ・ラリックの作品も当時のまま

 

正面玄関のガラスレリーフ扉

RIMG0403.JPG
RIMG0402.JPG

 

大食堂のシャンデリア  

RIMG0398.JPG
RIMG0399.JPG

 

東京都庭園美術館
東京都港区白金台5-21-9
03-3443-0201


「サントリー美術館所蔵品展 おもてなしの美 ― 宴のしつらい」展 @六本木・東京ミッドタウン

「サントリー美術館所蔵品展 おもてなしの美 ― 宴のしつらい」展を観に。

開催期間の前半は正月がテーマで後半は雛祭・花見と展示品の入れ替えがあり、私は行ったのは後半。
まず入ると、江戸時代の雛人形がお迎え。

RIMG0173.JPG

古くからの日本人のおもてなしの心が美しい展示品を観て伝わってくる。

図録はかなり詳しい説明がされているので、今じっくり読んでます。

3月14日まで開催なので、是非行ってみて。

 

サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 
東京ミッドタウン ガレリア3階


RENE LALIQUE ルネ・ラリック × いけばな展 @高輪

1920年から1930年代のルネ・ラリックの希少なアンティークガラスにいけばなをいけるというとっても贅沢ないけばな展に行ってきました。
RIMG6104.JPG

ルネ・ラリックのアンティークガラスは美術館などで飾られていますが、実際に水を入れて花を飾っているのはあまりないのでは。
RIMG6110.JPG
RIMG6113.JPG
RIMG6116.JPG

お花は、ガラスも主役なので、あまり主張せず、ガラスの良さを引き出すよう。
アンティークガラスは、水が入り光が差し、いきいきと輝いてる。

RIMG6126.JPG

この個展は、友人の草月流の親子3人、大久保有加ちゃん、安花ちゃん姉妹とそのお母様州村衛香さんの作品

花器として使用しているアンティークガラスは全部販売していて10万円位から160万円位までで買えるんです。
RIMG6119.JPG

私がとっても欲しいのはつがいのインコのアンティークガラス160万☆
RIMG6120.JPG

と、ゆりの器40万円

2009年11月8日まで開催しています。
とっても素敵な個展なので是非行ってみて♪

IKEBANA ATRIUM
東京都港区高輪3-13-1
グランドプリンスホテル新高輪1階
03-3444-8744


チャリティーアート展覧会 「ROSES.」

途上国の子供たちに十分な教育を受ける環境づくりのサポートを目的に去年から始まったチャリティーイベント”ROSES.”  世界の子供の6人に1人は貧困のために教育を受けられていないのだそう。

お友達の作品を見に行ってきました。

様々な分野のアーティストの方や女優さんなどたくさんの方々が参加され、ローズをモチーフにした作品を制作して展示販売しています。


f89bed5f-s[1].jpgのサムネール画像チャリティーアート展覧会 「ROSES.」
展示会開催日時:2009年7月14日から7月20日まで
展示場所:スパイラルガーデン 1F  東京都港区南青山5-6-23


真紅の螺鈿

私の好きな真紅の螺鈿
RIMG4920.JPG
RIMG4922.JPG

大好きな東山魁夷画伯が原画を描いていたのです。
海の生物をどれもうまく特徴を捉えて描かれています。

漆塗りと螺鈿細工は韓国の漆工芸の第一人者「全龍福(チョン・ヨンボク)」先生

真紅の漆に埋め込まれた黒蝶貝の螺鈿がとっても綺麗
RIMG4925.JPG


重要文化財 シャトーカミヤ 本館 @牛久

非公開になっている重要文化財の本館を特別にご案内して頂きました♪

1903年明治35年に神谷傳兵衛が建造した「シャトーカミヤ」
現在は国指定重要文化財になっています。
RIMG4316 (2).JPG

一般公開されているワイン醸造所はこんな。事務室として使用されていたこの本館の内部は非公開。
当時のままの状態で保存されています。
RIMG4317 (2).JPG

入口の上のレリーフ。
RIMG4318 (2).JPG

階段を上がるとタペストリーと西洋絵画が。
美術館などに多くの絵画は寄贈したそうですが、こちらはロビーに。
RIMG4325.JPG

当時晩餐会をもようしていた会場。
RIMG4379.JPG

パーティーの写真が記念館に展示されていました。
RIMG4328.JPG

晩餐会で使用した食器。
RIMG4336.JPG

神谷傳兵衛と親交があったかの「北大路魯山人」による扁額。
RIMG4331.JPG
RIMG4332.JPG

蜀台の付いたピアノ。
RIMG4342.JPG

隣室の応接間。
RIMG4344.JPG

この席はきっと神谷傳兵衛のお席です。

こんな財産を神谷傳兵衛一代で築きあげたというのですから凄い方ですね。

神谷傳兵衛(かみやでんべえ)記念館
茨城県牛久市中央3-20-1
029-873-3151(代表)


国指定重要文化財 シャトー カミヤ @牛久

JR常磐線牛久駅から「シャトー通り」を通り歩くこと8分程で到着するのは「シャトー カミヤ」
RIMG4315 (2).JPG
RIMG4305 (2).JPG

通りに名前をつけるくらい町の人の誇りとなっているシャトー。
このシャトーは神谷傳兵衛が1903年明治35年に日本での最初期の本格的ワイン醸造施設。
原因不明の病で衰弱した時に、毎日ワインを飲んで回復し、「いつか日本人のために自分でワインをつくりたい」と思ったのが17歳の時。その夢を叶ったシャトーです。
2008年6月に国の重要文化財に指定されています。
 

RIMG4353.JPG
RIMG4354.JPG

当時の発酵室は現在神谷傳兵衛記念館として無料で一般に公開されています。
RIMG4356.JPG

ホワイトオークの大樽が並ぶ貯蔵庫。当時の使用していた大樽がそのまま展示されています。
RIMG4367.JPG
RIMG4368.JPG
RIMG4371.JPG

2階には神谷傳兵衛の歴史が展示され、当時使用していた葡萄圧搾器などの醸造機器や文献などを見ることが。
RIMG4387.JPG

こちらはシャンパンの醸造で瓶を少しづつ回転させるルミアージュのための設備。でもこれは現代もあまり変わっていないかも。

この「カミヤ」は浅草の「神谷バー」の「神谷」です。
当時はガス灯の時代で「電気」は入ったばかり。名前に「電気」を付けるとハイカラなイメージを持たれ「電気ブラン」のネーミングが生まれたそう。
RIMG4383.JPG

その当時の「電気ブラン」も記念館に陳列されています。

RIMG4393.JPG

地下ではかなり古い樽や古ーいワインも沢山眠っている。そんな蔵の中でワインテースティングもさせて頂きました♪

非公開の本館はこちら。レストランキャノンはこちら。どちらも国指定重要文化財

神谷傳兵衛(かみやでんべえ)記念館
茨城県牛久市中央3-20-1
029-873-3151(代表)


ドゥダメル 凄し!

昨日(2/20)のNHKのグスターボ・デゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オケ初来日公演のもよう観ましたか?

皆が音楽を楽しんで演奏しているのがわかる。オーケストラに一体感があるんですよね。

アンコールのマンボマランボも放映されましたがノリノリでクラッシック奏者達とは思えない。
ラテンのノリですね。演奏しながら飛び上がってしまったりするんですから。

会場で聴けた人はさぞ盛り上がったでしょうね。私もコンサート行きたい!

ドゥダメルは名門ロスアンジェルス・フィルの音楽監督に2009年から就任する予定なのでロスで聴くのもいいかしら。